日本リバーボーディング協会の練習会もいよいよ始動しました-2022/04/05

ポカポカ陽気リバボ日和り

2022年度のリバーボード練習会もいよいよ始動。
冬の間、リバーボード練習会はお休みしていましたが、ようやく気温も水温も心地よくなってきたので活動再開です。
因みに羽村スイミングセンターでのフィンスイミング練習会は通年で行っています。
もし、活動にご興味ある方は是非お気軽にご連絡ください。

キッズ向けクライミングのハミングバードとコラボセッション-2021-12-08

ボルダリングとリバーボードのコラボセッション

キッズ向けのクライミングを企画運営している「ハミングバード」代表の井上さんとコラボセッション。
自然の中で子供達が安全に楽しく遊ぶ術を身につけてほしい。
そういう共通の思いから今回のコラボセッションが実現しました。
まずは一度やってみようということで、テストセッションとしてキッズと一緒に午前はボルダリング、午後はリバーボードを一日かけてたっぷり楽しみました。

岩をよじ登る

「岩をよじ登る」
そのシンプルな動作は手足、そして頭をフル稼働して行う原始的で直感的でインテリジェンスな遊びだ。
昨今では岩によじ登るということ自体が非日常。
街では子供達の遊び場がどんどん減ってきているからこそ、このようにアウトドアで遊ぶ機会を提供してくれるハミングバードさんはとっても貴重な存在だ。
ただよじ登るのでは無くて、最初に手と足を置く位置や登っていく方向がガイドブックに書かれていて、そのお題をクリアしていくことでよりチャレンジングで面白くなる。
上手く登れたら達成感があり、登れなかったら悔しくてもう一回チャレンジしたくなる。
体力の続く限り何度もその場でチャレンジできるのもボルダリングの魅力だ。

自然が教えてくれること

「アウトドアと街」この二つのフィールドではルールが真逆。
街の日常生活では信号機や横断歩道、舗装された道路、その全ては僕たちが深く考えなくても決められたルールにさえ従えば一応は「安全」を与えてくれる。
アウトドアフィールドでは街のルールが無い代わりに、環境を観察して自分たちに何ができて何ができないのかを考える。
行動のリスクを評価しテイクするか回避するかを選択する。
それによって自分と向き合い、自然と向き合い、仲間と向き合うことになる。

「自分を知り・人を知り・自然を知る」

人間の都合に合わせて作られた街から一歩外へ踏み出すと、そこでは自分本位な考え方では何も成立しない。

自然を観察し、環境に合わせ、その中で活動する。
アウトドアスポーツは子供に限らず大人にとっても大切な「何か」を与えてくれて考えさせてくれる。

インストラクターという存在はとても大切

自然の中にたたずむ岩を登らせていただく。
終わった後は滑り止めのチョークが付着した箇所を必ずブラシでゴシゴシ綺麗にする。
それは次にその岩を登る人のためだけでは無くて、岩を元の状態に戻すためでもある。

岩を登ることだけが目的では無くてどのように自然と接していくか。
そして、岩を登ることの魅力を最大限に引き出して共有してくれる。
ハミングバードの井上さんとのセッションではインストラクターの大切さを改めて感じることができた。
しっかりとインストラクターに教えていただくことで、長い時間をかけて育んできた経験と知識とそのスポーツへの愛情を共有してもらうことができる。

その機会を子供達のために作ってくれるハミングバード。
日本リバーボーディング協会も自然との接し方、川で安全に遊ぶ術などフィールドは違えど目指す方向性は同じ。
今回参加してくれた普段ボルダリングしている子供達がリバーボードで川を泳いでいる時の弾ける笑顔。
その笑顔が何よりも嬉しい。

感覚を探りながら川に遊んでもらう時の表情は真剣そのもの。

ボルダリングもリバーボードもシンプルで直感的なスポーツだ。

川でのハミングバード井上さんは子供達と同じくらいハイテンションで子供達と同じように目をキラキラさせていた。
アウトドアで活動する人はみんな目がキラキラだ。
さあ、今後のコラボに乞うご期待!

リバーボード練習会&プールでフィンスイミング-2021/11/10

放課後のリバーボード練習会

もうすっかり秋の紅葉も深まってきて一年の終盤。
しばらくブログを更新していませんでしたが継続して活動できていることに感謝。
今日は青梅市の小学生と放課後にリバーボード練習会。
水量が少し増えていてリバーボーディングにはちょうど良い。
ずっと継続して練習していのでもうすっかり慣れたものです。
川の流れの使い方も感覚で掴んでいる。
紅葉で色鮮やかな景色の中、夕暮れ時に一本泳げたことに感謝。

羽村スイミングセンターでフィンスイミング

新型コロナの影響でしばらく活動できなかった羽村スイミングセンターでのフィンスイミング活動。
プールでのフィンスイミングは練習会というよりは泳ぎたい人は泳いで遊びたい人は遊ぶというゆる~い感じ。
まあ、川でもゆる~い感じが定着していますがプールもゆるく活動しています。
何よりも水が好きになれる、泳ぐことが好きになれることが一番大切。
という感じのゆる~い活動ですが参加者随時募集中ですので是非リバーボードでもプールでもご興味ある方はお気軽にご連絡ください。

多摩川リバーボード&フィンスイミングin羽村スイミングセンター-2021/10/06

リバーボード練習会

学校が終わった放課後に御嶽渓谷の多摩川でリバーボード練習会。
なんだか少し曇り空だったけど、空気は暖かく水温も快適。
水量はミディアムくらい。
練習会というよりはリバーボードで川遊びといった感じ。
みんな流れを使いながら川と戯れる。
とっても楽しい時間でした。

フィンスイミング練習会、再会しました

新型コロナの影響で約一年半の間、羽村スイミングセンターでのフィンスイミング練習会はお休みしていたが、昨日からようやく再開。
久々のプールの感触を確かめながらゆっくり泳ぐ。
流れの無いプールではフィンワークが養われ、尚且つ流れのある川よりも泳力は鍛えられる。
温水なのでまったりしながら、気持ちよく泳げました。

参加者募集中

次回の練習会の日程

多摩川リバーボード→10/20、10/27
羽村スイミングセンターでのフィンスイミング→10/27

ご興味ある方はお気軽にお問い合わせください。

リバーボード体験会イベント-2021/08/24

初めてのリバーボード体験

水中でピース
集合写真

今日は日本リバーボーディング協会のリバーボード体験会。
夏休み中の小学生が参加してくれた。
ライフジャケットとヘルメットを身に着けて泳ぐと安心。
更にはフィンを足につけるとスイスイ泳げちゃう。
川で遊ぶことに関してハードルが高い今日この頃。
でも「安全に楽しく遊ぶ術」をしっかりと学ぶことで川という素晴らしいフィールドが自分の遊び場になる。
整備されていないフィールドで活動することで、普段の生活よりもさらに五感をフル稼働して、深く考えて行動する。
自然の中で活動することによって磨かれていく感覚は日常生活も豊かにしてくれる。
大人にとっても子供にとっても川で活動するとリフレッシュできるのでおススメです。
今回フィンなどのギアをご協賛いただいたのは「キヌガワ」。
フィンやウェットスーツなどを取り扱う日本の一流メーカー。
リバーボードに最適なフィンやウェットスーツなどはキヌガワのオリジナルメーカー「GULL」で購入することが出来ます。
日本リバーボーディング協会でもお取り扱いさせていただいているので是非ご相談ください。

会員随時募集中

日本リバーボーディング協会では定期的に多摩川で活動しています。
近くに住んでいない人もたまにしか参加できない人も是非大歓迎です。
大人も子供もファミリーもみんな大歓迎。
川と仲良くなって楽しく活動しましょう。
ご興味ある方は是非お気軽にご連絡ください。
jp.riverboarding.association@gmail.com
080-6064-6638
担当:菅原


川泳ぎ初体験2021-大成功!

フィンをつけておさかな気分

スタート前の集合写真

かんかん照りの今日はまさに川日和でリバーボード日和。
みんな初めての川遊びで気分はワクワク・ドキドキ・ウッキウキ。
泳ぎが得意な子、苦手な子もみんなフィン(足ひれ)をつければ自由なおさかな気分。
初めての川も最初はドキドキ、でもすぐに川と仲良くなりました。
今日のイベントを心待ちにしてくれていた子供たちの笑顔はキラキラ輝いていた。
そんな最高のキラキラ笑顔に僕達サポートメンバーは終始癒されていました。
参加者様、ご協賛いただいた「cafe monaca」「Bakery Letter」「お宿やお九」「キヌガワ」「リバーボードクラブ」(敬称略順不同)、そしてボランティアでお手伝いしてくれた方々のお陰で第一回目「川泳ぎ初体験」は大成功でした。
皆様本当にありがとうございました。

アウトドアフィールドで開かれる感性

普段の生活環境とは違い、整備されていないアウトドアフィールドは僕達に多くのことを教えてくれる。
安全に楽しく活動するためには「注意深く考え」「判断して」「行動する」。
自分が身を置いている自然環境やコンディションの中で自分に何ができて何ができないか。
正に自然と向き合い、自分とも向き合うことができるとても貴重で大切な時間だ。
そして健康的に体を動かし、心もリフレッシュされる。
リバーボードを通して子供に限らず大人も川と触れて開かれる感覚を是非楽しんで欲しい。
僕たちはそう願っている。

いつでも会員募集中

日本リバーボーディング協会では、定期練習会を隔週で行っています。
遠方にお住いの方も中にはいるかもしれないし、忙しくてなかなか時間が作れない方もいると思いますが、できる時に少しづつでも川で活動していくことで「川」というフィールドがとても身近で特別な「遊び場」或いは「心安らぐ場」になっていく。
川で遊ぶ術を身につけると世界中の川が遊び場になっていく。それってとても素敵なことだ。
ご興味ある方は、練習会にお試し参加できます。

お気軽にお問い合わせください。
練習会の風景は以下の動画を参考にしてみてください。
是非一緒に泳ぎましょう。

次回のイベント情報

夏休みが終わる前に、、、リバーボードで川を泳ごう!
8月24日に日本リバーボーディング協会のお試し企画「リバーボード体験会」を開催いたします。
詳細はこちら→「リバーボード体験会2021夏
人数に限りがあるのでお申し込みはお早めにお願い致します。

リバーボード体験会開催-2021夏

まずは一度チャレンジしてみよう

リバーボード体験会のイメージ動画

夏休みが終わる前に一度、日本リバーボーディング協会(JRBA)でリバーボードを体験してみよう。
JRBAでは随時会員を募集中。
まずは一度体験してみて、リバーボードに興味があれば是非一緒に活動してみませんか?
*まだ入会されていない人向けのイベントです。
●詳細

日程:2021年8月24日(火)
時間:午前の部(朝8時集合)満員御礼、午後の部( 昼12時集合)満員御礼
参加条件:健康なこと、水遊びが好きなこと、大人も小人も大歓迎
定員:7名
参加料金:一人2500円(道具レンタル料、保険代込)
*130cm未満のお子様の道具に関して、こちらではご用意が無いのでヘルメット、ライフジャケット、シューズ、ウェットスーツをご持参ください。
もし、ご購入される場合は事前にご相談ください。
集合場所:リバーボードクラブ
     東京都青梅市御岳本町266 斉藤マンション101号室



川泳ぎ初体験2021-フィンをつけてお魚気分

参加者募集中

(一社)日本リバーボーディング協会で、小学生限定の川泳ぎ体験会を開催!

自然の川を泳ぐ、それはとても特別な経験。。

体験会では、入水前に「川遊びの安全ルール」を学び、安全用具と足ひれを装着し、実際に川で泳ぎ遊びます。

足ひれはおさかなになるための魔法の道具。。。泳ぎに自信が無くてもスイスイ泳げちゃうすごく便利なアイテム。
今年の夏は、おさかなになって多摩川 御岳渓谷を冒険しましょう!
そして、参加者の小学生はお菓子クーポン券で御岳名物のふわふわシフォンケーキや焼きたてパン、フカフカかき氷をGETしよう!

*「7/27は協賛店のやお九さんが急用のため、かき氷の提供ができなくなりましたので予めご了承ください。」

体験会詳細

参加条件:小学生で身長130cm以上、水遊びが好きなこと
     保護者が同伴できること(川に入るのは参加小学生のみ)
     参加後の体験レポートをSNSで掲載してくれること

開催日:2021年7月27日(火)締め切り、8月4日(水)締め切り 
※7/27は台風の影響により中止となりました。7/27の参加者様は8/4に振替でご参加いただけます。

持ち物 :水着、スイミングゴーグル、ヘルメット(自転車用OK)
     濡れてもいい靴またはウェットシューズ(サンダル不可)
     タオル、着替え用ポンチョ
     
参加費 :無料
集合場所:JR青梅線 御嶽駅の改札出て階段下りたところ
集合時間:朝10時
定  員:10名
お問合せ:080-6064-6638 担当:菅原
メール : jp.riverboarding.association@gmail.com

協賛 

cafe monaca
bakery Letter
やお九
株式会社キヌガワ
(順不同)

申込みフォーム

リバーボード定期練習会2021/06/09

放課後のワクワク・リバータイム

今日は会員メンバーが親子で参加。
抜けるような青空と夏のような日差し。
そして、泳いでいるととても温かい多摩川の水。
リバーボーディングしている時間よりも身一つでフィンを履いて泳いでいる時間の方が長かった気がする。
今の時期は水量も安定しているのでキッズにとって練習するにはとても良いコンディション。
日本リバーボーディング協会では随時会員を募集中。
非会員も練習会へ参加できるのでご興味ある人は是非お気軽にお問い合わせください。

早朝リバーボード練習会 2021/05/30

朝一の川はとてもきれい

今日は小学5年生のメンバーが早起きしてリバーボードの練習。
早朝の多摩川はとても静かできれい。
東の空がゆっくりと明るくなっていく中、眠たい目をフレッシュな川の水で覚まして入水。
ゆったりゆったり川に体を馴染ませながら今日も気持ちよくリバーボーディングを楽しむ。
途中では波乗りや流れを横切ったりと流れを利用した動きも楽しみながら川と戯れる。
流れで加速する感覚を徐々に掴んできた模様。
継続して泳ぐことが出来ているので上達が早い。

日本リバーボーディング協会では新規会員を随時募集中。
子供から大人まで是非お気軽にご参加ください。
遠方の方も、月に一度や数か月に一度の参加でも大丈夫。
少しづつ川と仲良くなりましょう。
お問い合わせはこちらからのメールアドレスへ→jp.riverboarding.association@gmail.com
担当:菅原